blogNEWS固定

RIVERSIDE GROOVE’19無事閉幕!

リバーサイドグルーヴ19へお越しくださったみなさん、ご参加いただいた出演者や出店者様、ワークショップや芦活部のみなさん、ボランティアスタッフや北部支所の方々、イベントへ協賛くださったみなさんへまずは多大なる感謝を。

本当にありがとうございました!

お陰様で昨年を超える来場者の中(主催者発表 800名)、天気が崩れることもなく、怪我もなく、無事終えることができました!たくさんの出店の中、賑わい、みんなが笑って過ごせるような場所が作れたんじゃないかと思います。限られた時間の中で色んなジャンルの音楽が芦田川で鳴り響き、楽しむ。バッタ追いかけたり川でSUPして遊んだり、ドローンしたり、けん玉したりしながら自然とともに。

そんなリバサイは今回の開催で11回目を迎えました。清掃活動は12年目。ここまで続いたのも奇跡だなとつくづく思います。

必要なときに必要な出会いがあり、繋がり、太くなり、そこからまた広がってきました。間違ってないんだよって誰かに言ってもらえてるような。そんな感覚。おかげでこんなに続くことが出来ました。

ゴミ拾いをすることでちょっとした気持ちの変化が生まれたらいいな、年に1回くらいは芦田川の河川敷でその場の空気をかんじながら”ふくやま”に触れられる機会が作れたらなと始めた2008年。

こんなに多くの繋がりでイベントが出来てるなんて思いもしてなかったです。

このイベントは音楽だけじゃなく、清掃活動ともリンクして活動しています。めんどくさいと思います。動き出すまでは。でも、やり始めると案外楽しいんですよ、ゴミを拾うのも。
SUP体験で川に浮かびながら見ると、すごいキレイなんですよ、芦田川の水も。徐々に数値は良くなってたり、ゴミは始めた当初よりは減ってたり。徐々にですが環境的にも良くなってきてるんだなと活動しているからこそ思います。

40年近くも中国地方の一級河川の中でワースト1だ!とか知らない若い子たちが多くいます。ちゃんと調べて考えろ!とまでは言いません。だって自分もこの活動をするまでは知らなかったんです。でも、頭の片隅にでも置いておいて欲しいのです。

どこかでゴミを捨てれば風で流れて川に入り、どこかの岸へ流れ着くことを。そしてそれをどこかの誰かが拾っているということも。生活排水が芦田川の水質を汚していることも、大人の事情で未だに問題解決にいたらないことも。

知っているのと知らないのでは大違いです。ゴミを拾う大変さを知れば捨てなくなる。そんな小さな一歩を踏み出すお手伝いが出来たらいいなと思いながら活動しています。

なので、イベントだけではなく、ぜひ一度でも気軽に清掃活動の方へもご参加いただけたらと思います。次回は10月14日!10時45分に芦田川見る視る館駐車場に集合です!リバサイ来てくれた人はきっと来てくれますよね?!お待ちしてます。

そして、このイベントは草刈りから始まり、ステージ設営や、テント、挨拶まわりなど全て手作りで開催しているイベントです。やりがいだけならきっとどこにも負けないくらいあります。日々の清掃や、イベントのスタッフどちらも一緒に出来るメンバーを募集してます!

どうしようーって悩んでるそこのアナタ!ぜひメールを。活動の内容など返信させていただきます!お待ちしてますね!

 

それでは。

来年また芦田川で音楽と環境、文化に触れ、みなさんとお会いできることを願って。今年もありがとうございました!!!!

 

PS.今年の写真や映像は後日落ち着いてから少しでもアップしたいと思ってますのでお楽しみに!